ブログ|株式会社国際海事検定社

オフィシャルブログ

社名「KYB」が気になった。

最近報道されなくなった(落ち着いた)「KYB」の名称から想いを巡らせてみた。

最初にTVから流れた「けーわいびー」と聞いた時 KYTがどうした?と聞き間違えて画面を見たらKYBだった。KYTなら「危険・予知・Training」だから、KYBの頭文字はどう表記すればいいかと通勤バスで考えてやっと「危険・予測・Bargain」とした。如何なものか?
そして、ネットで検索したらKYB株式会社は、油圧ハッチカバーでお世話になったカヤバ工業の前身とわかり、ロゴマークの下のキャッチコピーに目が留まった。
『Our Precision, Your Advantage.』 ロゴマークに興味持つ方は
KYB株式会社公式ホームページ http://www.kyb.co.jp/ ご参照下さい。

データー改ざんが表面化した各種メーカーの担当者が改ざんに至った動機の一つに挙げるのが「納期の遅れを避けるためだった」。
担当者は、規格外れ品ができる確率を想定して納期を決めなかったのか? それとも、営業の圧力に屈して余裕を吐き出してしまったのか? KYBの担当者が「開放して再調整すると5時間以上かかるので・・・・・・」と率直に答えていたのを思い出す。

KYBの製品はオーダーメイド(建物の大きさ強度、柱間の寸法、そして受注個数もいろいろ)が多いので一律に納期を決めるのは大変だろうとフォローはするが、しかし、改ざんした事実はいつまでも心に潜んだままの状態にある筈。(心の問題)

製造部門に限らず、作業工程(仕組み)は余裕も含めて数値化できるが、数値化出来ない筈の人間の役割をも組込もうとするならば、デジタル人間の誕生は目前にある。
許容範囲があるにしても人間にも多様性は必要であり、人生いろいろである。

KYは「空気読め」と読むほうが一般には通じそうな気もするが、最早、流行遅れか?

パンパシフィック HOTEL 海から(みちびき)みちびき像

気付きと思い

オフィシャルブログへ「筆おろし」です。=「カタフリ」(消滅しそうな船乗り用語で雑談の意味)
(但し、噂話は厳禁、一次情報=自分の体験 か 二次情報(友人の体験)に限る)

象の鼻(改修前)

象の鼻(改修前)

 

帰宅の通勤バスが混んでいたので乗車口近くに立っている年配の女性の脇を通ろうとしたら座席でスマホを見ている若者がいた。(良くある光景)
ところが、若者は私と年配の女性に気付き立ち上がろうとしたが、年配の女性は若者を制してニッコリ私に笑いかけた。そこから記憶の欠片が出てきた。

大昔(現役の頃)社内講習で、「気付き」と「思い」の演題で「電車の中のおばあさん」を例にした解説を思い出した。
電車に乗り込んで来たおばあさんを見たら(気付き)座席をゆずるのがマナー! しかし、そのマナーを知らなければ(思い無し)ゆずる行動をしない。
一方、マナーを知っていても、おばあさんに気付かなければ、ゆずる行動をしない。
「気付き」&「思い」どちらかが欠けていても行動は起せない。
『皆さん、日頃から五感磨き情報を得る努力をしましょう』と講師が締めくくった。
その時、私は、座ったままの人の体調・環境も考慮して欲しい と甘い考えがよぎったのを思い出した。

そして現在、スマホを操作したり、目を閉じていて動かない人が視界に入っても気付かないようにしている自分に気付いた。

ホームページ公開しました

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

facebook_face